おはようございます。
スクール制服リユース@ブランカです。

さて、限りある資源を有効活用するためにはどんなアクションが必要でしょうか。
もしくは身近な物で何か我々も取り組めることは無いでしょうか?

個人やは団体、地域や会社でもいろんな取組があると思います。
古紙のリサイクルはすでにどこでも取り組んでいますよね?

ゴミを減らす、というのも立派な取り組みの一つです。
我々人間が生活するということはすなわち、ゴミを排出するということなのですが
そこを知恵でもって無くすことはできなくても、減らすことはできるはずです。

不用なものがイコールゴミ、ではありません。
物の価値は必要とされるか否かで決まる訳です。
必要としている人がいる限り、ゴミでは無い、ということです。

そこで学生服のリユースです。
卒業してしまえば当然のように不用になります。
タンスに仕舞っておいてもスペースを取るだけで何の役にも立ちません。
しかしなかなか捨てられない・・・
何故でしょう?
思い出がいっぱい詰まっているからです。
親御さんにしてみれば成長の証でもある訳です。
それからもう一つ。名前が入っていることも大きな要因ですよね。
名前の刺繍が入っていると、捨てるのはどうにも気が引けるし
誰かにあげるにしても刺繍があるのはちょっと・・・

それぞれの問題やハードルをクリアして
不用となった制服を蘇らせることはできないだろうか?
それにもったいない!という思いを何とかしたい!

それをついに形にしました!!

https://uniformblanca.com/

スクール制服リユース@ブランカ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA